データセクション株式会社

当社は、平成26年5月8日付け「データセクション、TBSグループとの資本・業務提携を実施」にて公表いたしました、株式会社東京放送ホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原 俊爾)の子会社で、ベンチャー企業への出資・連携を推進するTBSイノベーション・パートナーズ合同会社(本社:東京都港区、代表:伊藤 博信、以下「TBSグループ」)を引き受け先とした第三者割当増資を実施し、業務資本提携を行った件に関する進捗状況をお伝えいたします。

平成26年5月8日の業務資本提携の発表以降、データセクションとTBSグループの両社は、ソーシャルメディアのビッグデータ活用について共同で研究開発を行ってまいりました。本日付日経産業新聞にも記載がありますが、これまでの主な取り組み内容を以下に記します。

  • (1) ソーシャルメディア画像検知システムの報道利用
    ソーシャルメディアへ投稿される事件、事故等の画像を含む情報を報道取材に活用。共同開発した検知システムにより迅速な取材活動支援を実現。
  • (2) 番組に関する投稿分析
    番組についてのソーシャルメディア上の評判分析システムを共同開発。同システムにより、番組や番組宣伝に関する話題量や感想、及び視聴者にどのように見られているかを分析。また、ソーシャルメディア上の視聴者分析から、番組枠の広告価値の向上を実現。
  • (3) 番組公式ソーシャルメディアアカウント活用推進支援
    番組アカウントの効果的な運用のための支援。ソーシャルメディアを活用した番組アカウント運用戦略の立案から、実行、効果測定まで行うことにより、番組公式アカウントの活性化を実現。

以上のとおり、各々の取り組みについて着実に成果を上げております。
今後さらなる連携強化を推進し、テレビメディアにおけるソーシャルビッグデータ活用の価値向上を目指してまいります。