データセクション株式会社

機能・特長

操作・設定はカンタン、抜け漏れなくしっかりリスクチェック

STEP 1

セッティング

隙のない監視キーワードを
だれもがカンタンに設定

大量の検索・除外ワード設定で過不足ない投稿監視
検索ワードは100文字、除外ワードは3000文字まで登録できます。表記ゆれや別称なども監視できます。
適切なキーワードをシステムが提案
キーワード登録時、より検知精度を上げるための除外ワードを、ソーシャルモニターからご提案します。
※2018年初旬より提供予定
宣伝・スパムをワンクリックで除外
宣伝・スパムや、リツイート、リンク付きツイートなどを、チェックボックスにチェックを入れるだけで監視対象から除外することができます。
2018年初旬より提供予定

ひとつのアカウントで
複数ブランドを一括監視

ブランドごとに個別にリスク監視が可能
複数の商品ブランドをお持ちの企業様は、商品ブランドごとにリスク監視を行うことができます。
全ブランドに関する分析結果を一画面で表示
複数ブランドの分析結果を、ひとつの画面からチェックできます。

STEP 2

SNSの監視

24時間365日、自動でチェック

リアルタイムでリスク検知
ソーシャルモニターは、設定された検索条件に従って、24時間365日、15分おきにリスク監視を行います。
様々なメディアを監視するので漏れなく検知
Twitter、ブログ、各種掲示板、ウェブニュースを監視対象としています。

STEP 3

メール通知

深刻なリスクを迅速にお知らせ

アラートメール機能により常時画面チェックする負担から解放される
リスクとなる事象が発生したら、ご担当者様にアラートメールでお知らせします。だから、ソーシャルモニターの画面を常に見ていなくても、リスク監視することができます。
アラートメールに添付のレポートで、リスク内容のチーム内共有もスムーズ
要点をまとめたレポートファイルがアラートメールに添付されているので、リスク内容のチーム内共有もスムーズに行えます。
アラートの通知先を自由に設定可能
アラートメール配信先の変更や拡張など、自由にカスタマイズできます。

STEP 4

監視結果の表示

注目すべき投稿が一目で分かる

重要度の高いリスクの発生がすぐ分かる
リスクの重要度ごとに、増減をグラフで視覚的に把握することができます。だから、重大なリスクが発生したらひと目でわかります。
類似投稿の自動グルーピングで、チェックが簡単
類似した投稿が自動的にグルーピングされるので、同じような投稿を延々とチェックする負担から解放されます。
影響度の大きさ順に投稿をランキング表示
影響度の大きさ順(類似投稿数順、リーチ数順)に投稿が表示されるので、要チェックの投稿がすぐわかります。
リスクの種類ごとに投稿チェックが可能
リスクの種類ごとに投稿を自動抽出する「重要トピック抽出機能」つき。「故障」「食中毒」など、注意しておきたいリスクの発生も素早くチェックすることができます。

STEP 5

レポート出力

定期レポートファイルを自動出力

週次・月次レポートもダウンロードできる
週次・月次レポートもダウンロードできるので、定期報告資料の作成もラクラクです。
日次のレポートファイルが毎日メールで届く
これまで監視した投稿情報を、レポートとしてまとめて出力できます。当日・日単位・週単位・月単位と、様々なデータをダウンロードできます。

まずはお気軽にお問い合わせください

03-6427-2565(平日10:00~18:00)