機能

効率よくインサイトを見出せる
ソーシャルリスニングを実現

– 分析機能 –

マーケターのニーズに応える分析機能

話題分析

いつどんな内容が話題になっていたのかを俯瞰的に把握できます。

Point

マウスのポインターをグラフに合わせると、その日の特徴的な話題をすぐに確認できます。

Point

マウスのポインターをグラフに合わせると、その日の特徴的な話題をすぐに確認できます。

拡散プロセス分析

どんな要因で話題が拡散したのかを簡単に把握できます。

Point

話題の拡散に大きく貢献したツイートを時系列順に追いかけることができます。

Point

グラフをクリックすると、その日の主なツイート、ニュース、キーワードなど、その日の主な話題を確認できます。

プレ / ポスト分析

プロモーション期間前後の口コミ量 / 口コミ内容を比較する「プレ / ポスト分析」を行うことができます。

Point

スライダーを動かして、比較対象の2つの期間を簡単に指定できます。

Point

2つの期間のツイート量、およびツイート内容(特徴語)を比較できます。

ブランド比較(特徴語比較)

自社ブランド / 競合ブランドなど複数のトピックの間で、口コミの特徴を比較することができます。

Point

たとえば各トピックの形容表現を比較することで、生活者にどのように認知されているのか把握できます。

Point

各ワードについて具体的にどんな口コミがあったのか、素早く確認できます。

ユーザー分析
(性別・年代 / 影響力のあるユーザー)

トピックについて話題にしているユーザーがどんなユーザーであるのかを分析できます。

Point

トピックについて話題にしているユーザーの性別・年代構成が分かります。

Point

トピックについて影響力のあるユーザーが分かります。マイクロインフルエンサー探しなどにご活用いただけます。

メディア分析(影響力のある記事 / メディア)

トピックに関して影響力のある記事およびメディアが分かります。

Point

トピックに関してどんな記事が拡散されていたのかが分かります。

Point

トピックに関して影響力のあるメディアが分かります。

投稿活動の傾向

自社や競合のTwitterアカウントの投稿パターンを分析することができます。

Point

投稿種別(ツイート/リツイート/リプライ/メンション)の比率から、そのアカウントの運用スタイルを把握できます。

Point

そのアカウントがどんな内容の投稿をおこなっているのかが分かります。また投稿している時間帯の傾向が分かります。

エンゲージメントの傾向(1)

Twitterアカウントに対するエンゲージメント(フォロー、リツイート)の傾向を分析することができます。

Point

過去のフォロワー数の推移が分かります。またフォロワー数が大きく増えたタイミングでどんなツイートが投稿されたのかを確認することもできます。

Point

そのアカウントの投稿のうち、どんなツイートがバズったのかが分かります。またどんなキーワードに関するツイートがバズったのかも分かります。

エンゲージメントの傾向(2)

投稿に対してリツイートしてくれたユーザーの属性や、リツイートされる時間帯が分かります。

Point

リツイートしているユーザーの性別・年代、地域が分かります。

Point

リツイートされている時間帯の傾向が分かります。

– 支援機能 –

クイックな探索を支えるUI

Googleで検索するようなシンプルな操作性

キーワードを入力してEnterキーを押すだけで、すぐに分析結果にたどり着けます。

Step 1

最初にやることは、検索ワードを入力しEnterキーを押すだけ。

Step 2

さらに、画面左のメニューによって、さまざまな分析結果を呼び出すことができます。

Step 3

後から検索ワード / 除外ワードを追加して、検索条件をチューニングできます。

簡易スパムフィルター

スパムフィルターをオンにするだけで、あらかじめ用意されたスパム除去条件を提供することができます。

CSVデータ出力

分析結果をCSV(タブ区切りテキスト)として出力できます。
ワンクリックでコピー&ペーストできるので、資料作成などの作業がクイックにはかどります。

分析結果をURLで共有

分析結果画面のURLを送るだけで、分析結果を共有することができます。

詳細サイドパネル

分析結果をクリックすると、詳細サイドパネルで情報を深掘りすることができます。

キーワードでドリルダウン

分析結果の中に気になるキーワードを見つけたら、さらにそのキーワードに絞り込んで分析することができます。
サブトピックのキーワードをクリックし「このワードで絞り込む」を選ぶだけの簡単操作です。

検索条件保存

検索条件をダッシュボード画面に保存できます。アイコンをクリックするだけで、検索条件をすぐに呼び出せます。
同じ検索条件で毎週定点的に分析したい、といったときに便利です。