データセクション株式会社

プレスリリース
2020年11月11日
データセクション株式会社

南米小売大手 Falabella S.A.への「FollowUP」提供に関するお知らせ
〜同社がチリで展開する百貨店全46施設に導入 〜

当社の完全子会社であるJach Technology SpA(以下「Jach」といいます。)は、サンティアゴ証券取引所及びチリ電子証券取引所に上場し南米を中心に百貨店やショッピングモール、スーパマーケット、銀行などを展開する Falabella S.A.と、同社がチリにおいて展開する全ての百貨店に「FollowUP」※1を導入することに合意しましたのでお知らせします。

1. 合意の内容

当社は2019年12月にチリ法人のJachを完全子会社化し、その後、経営統合が順調に進んだことにより南米での事業展開スピードが加速しております。
この度、Jachは南米の小売大手であるFalabella S.A.がチリで展開する46の百貨店全てに「FollowUP」を導入することとなりました。具体的には、「FollowUP」を施設の入口や施設内の各売場に導入し同時に小売店の店舗運営を最適化するコンサルティングサービスを提供します。また、新型コロナウイルス感染症対策として施設全体の来場数をコントロールするため、「Store Capacity Control」※2を導入します。まずは年内に36施設に導入し、年明けに残りの10施設に導入する予定です。
さらに、今後は以下の展開を目指してまいります。

  • Falabella S.A.が百貨店事業を展開するペルー、コロンビア、アルゼンチンにおける全商業施設の導入
  • Falabella グループが展開するショッピングモールやホームセンターなど他の業態における「FollowUP」の導入

引き続き当社グループのグローバル展開にご期待ください。

2. 今後の見通し

2021年3月期の業績への影響についてはJachの業績の取り込み期間が2020年1月1日から2020年12月31日であることから軽微であると認識しております。2022年3月期の業績への影響については精査した後、業績予想に反映いたします。

※1 「FollowUP」は、小売店舗に設置したAIカメラで取得する画像・動画データとPOSデータと掛け合わせて分析することで店舗の業績向上を支援するストック型のサービスです。
※2 「Store Capacity Control」は、店舗内の人数を可視化し、入口において入店の密集度を表示することで入店制限の自動化を支援する「FollowUP」の派生サービスです。

本記事についてのお問い合わせ

お問い合わせしたい内容必須
お名前必須
メールアドレス必須
※フリーメールアドレスはご遠慮ください
電話番号必須
会社名必須

個人情報保護方針はこちら

03-6427-2565
(平日10:00~18:00)