FollowUP

店舗の顧客分析で
売り上げアップを
カンタン実現

国内外2,000店舗で利用されている
顧客分析ツール「FollowUP」

売り上げってどうすればアップするの?

売り上げアップは
「レジ客数×客単価×購入回数」の
かけ算で実現できる

店舗の売り上げは、「レジ客数×客単価×購入回数」というかけ算によって決まります。
つまり、「レジ客数」「客単価」「購入回数」をそれぞれ少しずつ向上させることで、効率的に売り上げアップすることができます。

店舗の売り上げは「レジ客数×客単価×購入回数」で決定する

じゃあその3つはどうすればアップするの?

「機会損失」を解消すれば
レジ客数 / 客単価 / 購入回数は向上する

しかし、このレジ客数/客単価/購入回数の3要素の向上は、「機会損失」によって妨げられていることが多くあります。
様々な機会損失が存在し、ひとつひとつ解消していけば、レジ客数・客単価・購入回数が徐々にアップしていきます。

店舗に存在する機会損失を解消することが売り上げアップに繋がる

「見えない顧客の把握」を可能にする
顧客分析ツール
「FollowUP」

しかし機会損失は、来店客の何気ない行動に隠れているため容易に見つかりません。そこで、店舗内で起こっていることを随時ログとして残していくことで、機会損失を浮き彫りにする必要があります。
FollowUPは、機会損失を特定するツールです。店舗内の顧客行動をデータ化・累積によって、これまで把握できなかった機会損失を見える化し、売り上げアップに貢献します。

FollowUPであれば、店舗の現状をデータ化できるので、機会損失を浮き彫りにできる

FollowUPのしくみ

設置カメラから、入店客の行動を計測することで、店舗の現状をデータ化。データから機会損失となるポイントを見つけて解消していくことで、着実な売り上げアップを実現します。
また、常に顧客行動を計測しているため、店舗の改善アクションの後の効果測定にも活用できます。そのため、機会損失の発見~改善アクション~効果検証を繰り返し続けていく改善サイクルを作り、継続的な売り上げアップも実現できます。

FollowUPの仕組み

FollowUPでできること

売り上げアップに向けて
こんなふうに仕事が変わる

店舗スタッフの方なら・・・

  • あいまいな入店状況をデータ化

    入店者数や、その属性、滞在時間を測定。またリピーター判定も可能。入店状況をデータ化し、正確に把握することができます。

  • POS連携により売る能力を数値化

    POSや天候、イベントカレンダーのデータを連携可能。購買率などを算出し店舗の販売能力を把握できます。

  • 売れる曜日や時間を発見

    どのタイミングで入店者数がピークを迎えるのか、購買率が高くなるのかを把握できます。

エリアマネージャーや
マーケターの方なら・・・

  • どんなデバイスからでも店舗情報へアクセス

    どんなデバイスにも対応しているので、時間や場所に制限されることなく店舗情報をチェックできます。

  • 各店舗の課題を見える化して改善施策へ

    入店者数、滞在時間や購買率などの、どこに改善ポイントがあるのかを明確にできます。

  • 各店舗の優良度をポテンシャルで判断

    入店状況とPOSの相関関係を全店舗でチェック。売上値でなくポテンシャルによる良い店舗・悪い店舗の判断が行えます。

こんな店舗で効果発揮

アパレル

コスメ・雑貨

家電量販

その他の専門店

全世界の様々な店舗で
ご利用されています

国内の導入事例

SHIPS / @cosme store / NEWERA / Champion / 4℃ / canal4℃ / MAJESTIC LEGON / le. coeur blanc / ROYAL PARTY / Roomy’s / A.P.C. / Paul Smith / ARC’TERYX / KOMEHYO / A&F COUNTRY / SUUNTO / salomon / 好日山荘 / bivaco miomio / Creema STORE(国内導入企業を一部抜粋)

月額14,800円から
始められます

※初期費用とカメラ等機器類の設置作業費用は別途発生

まずはお気軽にご相談ください

03-6427-2565
(平日10:00~18:00)