データセクション株式会社

プレスリリース
2016年11月17日
データセクション株式会社

データセクション、大和ハウスグループのフレームワークスと
物流事業の最適化へ向け、共同研究の開始
〜AIとデータを活用した次世代型物流事業の実現へ〜

データセクション株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO 澤 博史、以下「データセクション」)と、大和ハウスグループの株式会社フレームワークス(所在地:静岡県静岡市、代表取締役社長秋葉 淳一、以下「フレームワークス」)はAIとデータを活用した次世代型物流事業の構築を目指し、共同研究を開始いたします。

【1】背景と目的

ECサイトの普及は消費者の生活利便性を飛躍的に向上させた一方で、多品種、小ロットによる短納期配送の実現を迫られたうえに、更なるコストの削減が求められるなど、物流業界は更なる高度化・効率化が求められています。
このような状況に対応すべく、AIとデータを活用した物流領域の高度化・効率化を目指し、データセクションはフレームワークスと共同研究を開始することといたしました。
先端デバイス活用により収集される様々な物流業務のビッグデータと各種のオープンデータを活用することで、属人業務を排除し、労働集約業務の効率化やロボットへの業務移管が可能となる状況を提供します。
例えば、収集したビッグデータをAIが分析判断することにより、「需給予測」ではなく、より精度の高い「需給見込」を導きだし、最適な在庫配置、最適な人員配置、最適な配車、最適なラインコントロールを実現し低コスト、短納期でのサービス提供を可能とします。
データセクションのディープラーニング実用化実績、データ活用ノウハウと、フレームワークスの物流業務に関するノウハウを掛け合わせることにより、時代の変化とともに必要とされる次世代型物流事業の実現を目指してまいります。

【2】データセクションの目指す姿

物流業務はあらゆる産業において不可欠な業務であり、この領域での高度化・効率化を実現することで、世の中に広く貢献してゆくことを目指します。また、物流領域以外の領域においてもAIとデータを活用した事業を広く展開していくことを目指します。

【3】フレームワークスとは

フレームワークスは、1991年の創業以来ロジスティックの領域に特化し、自社開発の物流センター管理システム(WMS※)の構築や物流コンサルティングサービスの提供を通じ、顧客企業の経営と現場業務を支援する仕組みを提供している企業です。また、デバイス・ロボティクス等のテクノロジーを組合せ、「次世代型ロジスティクスプラットフォーム(Connected Logistics)」の開発を推進するなど物流業務のビッグデータ化を積極的に推進しています。

※WMS:Warehouse Management System(倉庫管理システム)

【4】組織紹介

データセクション株式会社(東京証券取引所マザーズ市場:証券コード3905)
所在地:東京都渋谷区渋谷2-17-2 太陽生命渋谷ビル7階
代表者:代表取締役社長CEO 澤 博史
設立:2000年7月
資本金:515,530千円(2016年9月30日現在)
事業内容:消費者マーケティング事業 / 風評リスク対策事業 / 画像解析事業 / ソリューション開発事業 / 海外SNS分析事業
URL:http://www.datasection.co.jp

株式会社フレームワークス
所在地:静岡県静岡市駿河区南町14-25 エスパティオ7F
代表者:代表取締役社長 秋葉 淳一
設立:2007年12月
資本金:100,000千円
事業内容:自社開発の物流センター管理システム(WMS)を中心とする物流システムの構築、物流コンサルティングサービス等のソリューション提供
URL:http://www.daiwahousegroup.com/frameworx/

■本リリースについて

プレスリリースに掲載されている、サービス内容、価格、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後、様々な要因により予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。