データセクション株式会社

プレスリリース
2015年3月25日
データセクション株式会社

新会社設立のお知らせ
〜ビッグデータに基づくコミュニケーションプランニングを完全成功報酬型で目指す〜
〜第一弾として「テレビ業界」に特化した施策支援サービスを提供〜

 データセクション株式会社(http://www.datasection.co.jp 本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:澤 博史、以下データセクション)は、ビッグデータを活用し、多様な消費者理解に基づいた消費者とのインタラクティブ(※1)な関係性構築を企業の中に入り込むことで内製支援し、その対価として完全成功報酬を目指す専門集団として「Weavers株式会社」(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田畑 有次、以下Weavers)を設立し、2015年4月2日より営業を開始致します。

【1】設立の目的

 昨今のスマートデバイスやソーシャルメディアの普及により、インタラクティブなコミュニケーションが可能となりました。また、生活者や消費者の趣味趣向・価値観は多様化が進んでいるため、消費者の多様性を前提としたコミュニケーションプラン(※2)が企業から求められています。
 こうした背景から、ビッグデータを活用した消費者理解に基づく、消費者とのインタラクティブな関係性構築を目的にした、コミュニケーションプランニングを行う専門集団としてWeaversを立ち上げることとなりました。
 また、コンサルティング導入時に多くの企業がネックとなっていた”結果へのコミット”に対応するために、Weaversでは多くのコンサルタント会社が採用しているフィー型ではなく、結果にコミットした完全成功報酬型を目指します。

【2】『Weavers』が提供するサービス

 Weaversでは、インタラクティブな関係性構築により、「新規顧客開拓」→「定着化(ファン化)」をPDCAサイクルに基づいて継続的に運用することを支援します。
 既に、テレビ業界で具体的な取り組みを開始しており、ビッグデータ分析を通じた消費者理解へのアプローチを進めることにより、具体的な効果が確認され始めています。

【3】今後の展開

 Weaversでは、今後、「食品」「一般消費財」「自動車」「旅行」など、「若年層の消費離れ」や「新規顧客の獲得」の課題を持つ分野において、同様の取組みを順次展開します。
 データセクショングループでは、ビッグデータを活用した、業種・業務に特化した新サービス立上げを迅速に進め、引き続き顧客満足度の高いサービス提供をしていきます。

※1:企業と消費者間における相互交流性のこと。SNSなどの発展により、企業からの一方方向ではない情報伝達経路が成立するようになった。
※2:商品・サービスに対する消費者の意見を聞き、それを元に商品開発や広報戦略に活かすプランのこと。このようなプランを通じて、ニーズに即したサービス・商品を企業は展開する。

【4】会社概要

商号
:Weavers株式会社
代表者
:代表取締役 田畑 有次
所在地
:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-17-2 太陽生命渋谷ビル7階
設立日
:2015年4月2日
決算期
:3月31日
資本金
:19,800,000円
出資比率
:データセクション株式会社 71% 田畑 有次 29%
TEL
:03-6427-2565
主な事業内容
:消費離れ・新規顧客向けコミュニケーション施策支援サービス
 (テレビ業界向け等)
 ソーシャルリスクモニタリング、PR等、広報業務向け支援サービス
 ビッグデータを用いた業務適用・施策(含PDCA)支援サービス
 新商品・新サービス企画関連業務(含PDCA)支援サービス
 など