データセクション株式会社

プレスリリース
2015年3月20日
データセクション株式会社
株式会社デジタルインテリジェンス

経済産業省公募のデータ利活用促進支援事業にデータセクション、
デジタルインテリジェンスが運営するデータエクスチェンジコンソーシアムのプロジェクトが採択

データセクション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:澤 博史、以下データセクション)および、株式会社デジタルインテリジェンス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:横山 隆治、以下デジタルインテリジェンス)が運営するデータエクスチェンジコンソーシアム有限責任事業組合(以下データエクスチェンジコンソーシアム)は、経済産業省が公募した「先端課題に対応したベンチャー事業化支援等事業(データ利活用促進支援事業)」における委託先について「ベンチャーによるデータ駆動型イノベーション創出支援のためのデータエクスチェンジプラットフォーム構築へ向けたフィージビリティ・スタディ事業」として提案し、実施事業として採択されました。

詳細URL (経済産業省ホームページ)
http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/saitaku/s150320002.html

本公募事業は、経済産業省が、ベンチャーとデータ保有企業とのマッチングやベンチャーに対する技術的サポートなど、ベンチャーによるデータ利活用の環境整備を支援することにより、ベンチャーによるデータ駆動型イノベーション創出と日本の産業力強化につなげることを目的に実施するものです。

データエクスチェンジコンソーシアムは、2014年より活動を開始し、100社以上の企業・団体・研究機関が、データ利活用による新規ビジネス創出を共通目的として活動する場を提供することで、多くの企業がデータ同士のマッチングを通してイノベーション創発活動を先駆的に実施してまいりました。

この取組みを元に、「イノベーションを創発するデータ利活用の環境整備」をテーマに、データ利活用の環境整備及びマッチング支援を図る、データエクスチェンジプラットフォーム構築事業を提案しました。
本事業は、ベンチャー企業におけるデータ利活用のためのプラットフォーム構築を効率的かつ、大規模に実施することで、新規ビジネスモデルの構築を支援します。

データエクスチェンジコンソーシアムでは、本事業を推進していくことにより、企業間同士のデータ利活用環境整備を推進し、データ利活用によるイノベーション創出に寄与してまいります。

■組織紹介

データセクション株式会社(東京証券マザーズ市場:証券コード3905)
本社所在地:東京都渋谷区渋谷2-17-2太陽生命渋谷ビル7階
代表者:代表取締役社長CEO 澤 博史
設立:2000年7月
資本金:405,305,000円
事業内容:SaaSサービス事業、リサーチコンサルティング事業、ソリューションサービス事業
URL:http://www.datasection.co.jp/

株式会社デジタルインテリジェンス
本社所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-32-16?COMBOXビル4F
代表者:代表取締役 横山 隆治
設立:2009年10月
事業内容:総合デジタルマーケティング・コンサルティング業務
URL:http://di-d.jp/

■本リリースについて

プレスリリースに掲載されている、サービス内容、価格、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後、様々な要因により予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。