データセクション株式会社

プレスリリース
2015年2月12日
データセクション株式会社

データセクション「みるぞう」を買収、新サービス提供に向け始動
〜ソーシャルメディアとテレビの連携により新たなビッグデータを取得〜

データセクション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:澤 博史、以下データセクション)はニフティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三竹 兼司、以下ニフティ)から同社が運営していた「みるぞう」(※注)の買収をいたしました。今後この「みるぞう」のシステムをベースにした新サービスの提供を行う予定です。
このたびのニフティからの買収は、データセクションの既存事業である法人・事業者向けサービスに加えて、新たに消費者向けサービスの展開を目指すものであります。
また、テレビ領域におけるソーシャルビッグデータ活用の推進及びそれに伴う関連データの活用を目的にしております。

詳細URL
http://www.datasection.co.jp/service/sts.html

【1】背景

昨今のスマートフォンやSNS(ソーシャルメディア)の隆盛は多メディア化を加速させ、その結果、テレビを取り巻く環境は大きな変革期を迎えています。
テレビ局各社では、過去に放送した番組をインターネット経由で提供するなど、ネットとテレビを融合させた新たな展開を本格的に開始しています。一方で視聴者に目を向けると、「ソーシャルビューイング」や「マルチスクリーン視聴」「タイムシフト視聴」など多メディア化に対応する形で視聴者の行動が急激に変化しています。
こうした変化を背景に、テレビ領域では新たな視聴体験が求められていることから、テレビ視聴者に関連するデータ分析にも注目が集まっています。
データセクションでは、テレビに関連したソーシャルメディア分析ツールの提供や2014年に実施したTBSグループとの資本業務提携の締結など、テレビ領域におけるソーシャルビッグデータ分析・活用に積極的に取り組んでおります。
同領域における取り組みの更なる加速と、既存ビジネスの収益拡大、及びコンシューマー向けビジネスの展開を目指し、今回の買収に至りました。

【2】今後の展開について

今回の買収により、データセクションはソーシャルテレビ領域におけるビジネス展開を加速させていきます。具体的には、以下のような事業を想定しております。

  • ・コンシューマー向けメディア展開
  • ・テレビ分野に特化した分析ソリューションの提供
  • ・テレビ分野におけるコンサルティングビジネスの強化

その他、これらに付随した形での広告事業・メディア活用事業などの新規事業を推進していく予定です。
データセクションでは、今後も様々な領域におけるビッグデータビジネスを推進して参ります。

※注 みるぞうとは
「みるぞう」は、ニフティが提供していたソーシャルテレビサービス。Twitter上で書き込まれる放送局・番組固有のハッシュタグにより、ツイートを収集・表示することでいま何が盛り上がっているのかが把握可能。また、同じ番組を見ている人の投稿を見ることで、他の視聴者と共有しながらテレビを楽しむことが出来る。

【3】組織紹介

データセクション株式会社(東京証券マザーズ市場:証券コード3905)
所在地:東京都渋谷区渋谷2-17-2 太陽生命渋谷ビル7階
代表者:代表取締役社長CEO 澤 博史
設立:2000年7月11日
資本金:405,305千円(2014年12月現在)
事業内容:SaaSサービス事業/リサーチコンサルティング事業/ソリューションサービス事業
URL:http://www.datasection.co.jp/

【4】本リリースについて

プレスリリースに掲載されている、サービス内容、価格、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後、様々な要因により予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。