データセクション株式会社

プレスリリース
2015年1月27日
データセクション株式会社

データセクション、食品メーカー・外食業界に特化した口コミ検知ツール
「Insight Checker for Foods & Restaurants」を提供開始

データセクション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:澤 博史、以下データセクション)は食品メーカー・外食チェーンに特化した、ソーシャルメディア上の投稿検知・自動アラート配信サービス「Insight Checker for Foods & Restaurants」の提供を開始しました。
食品メーカー、外食チェーンの企業様がソーシャルメディア上にあるお客様の声を速やかに把握し、迅速な経営判断が出来るよう支援いたします。

【1】背景

昨今、食品メーカーや外食チェーンにおいて、ソーシャルメディア上にあるお客様の声を把握することの重要性が増しております。特に、異物混入や食中毒などの事件発生時には、ソーシャルメディアからいち早く情報が発信されるため、企業運営上不可欠な業務に位置付けられています。
しかし、大量の情報を人力でチェックすることは、担当者にとって大きな負担となっており、時間と労力をかけた割には、本来把握すべき情報の収集漏れや見過ごしが発生してしまうため、入手したい情報を自動的につかめないかとの声があがっておりました。

【2】サービス概要

「Insight Checker for Foods & Restaurants」は、即時性・効率性に加え、食品メーカー・外食チェーン特有の事象に関する投稿内容を安価に確認することが可能です。

即時性…

ソーシャルメディア上におけるお客様の声をリアルタイムで確認、通知します。

効率性…

人手と違い、機械処理のため、安定した作業効率の維持と時間短縮が実現します。

食品を扱う企業特有の経営リスクの検知…

「異物混入」「食中毒」などの事故発生時に早急な対応が必要な話題を掴むことが出来るとともに、「店員来ない」「ビールがぬるい」など苦情とはならなかったものの、来店客が不満・不快に感じたという話題も瞬時に掴むことが出来ます。

【3】サービス詳細

・機能

「異物混入」「食中毒」などの話題発生時に早急な対応が必要な言葉を抽出し、独自のアルゴリズムにより一定量の閾値を超えた段階で担当者にアラートを配信します。また、1日1度、前日のサマリーを配信します。

・費用

初期費用 無料
月額費用 8万円から(消費税別)

・今後の展開

今後は、食品メーカー・外食チェーン業界特有の事象に関して、投稿内容ごとに自動カテゴリ分類機能を付与し、ご担当者様の業務負担の一層の軽減を目指します。

・詳細ページURL

http://www.datasection.co.jp/service/insight-checker-foods.html

【4】組織紹介

・データセクション株式会社
URL:http://www.datasection.co.jp/
所在地:東京都渋谷区渋谷2-17-2 太陽生命渋谷ビル7階
代表:代表取締役社長 澤 博史
設立:2000年7月11日
資本金:405,305千円、資本準備金:377,088千円
事業内容:
SaaSサービス事業
– ソーシャルメディア分析ツール「Insight Intelligence」
– テキストマイニングツール「Easy Mining」
– ソーシャルメディアリスク通知ツール「インサイトチェッカー」
– 災害情報提供サービス「ソーシャルハザードサイネージ」

リサーチコンサルティング事業
– ソーシャルメディア分析レポート
– エンゲージメントカウンシル・ソリューション
– Digital Native Lab

ソリューションサービス事業
– ソーシャルデータを利用したシステム開発
– データクロール代行
– APIによるソーシャルデータと既存システムとの連携
– Twitter全件データの提供

【5】本リリースについて

プレスリリースに掲載されている、サービス内容、価格、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後、様々な要因により予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。