データセクション株式会社

報道関係者各位
プレスリリース

2013年05月29日
データセクション株式会社

データセクション、Twitter全件データの抽出・分析可能なサービスを月額2万円から提供開始

データセクション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:澤 博史、以下 データセクション)は、この度、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下 NTTデータ)と連携することで、Twitterの過去分(13か月)の全件データを月額2万円から分析できるサービスを発表いたします。
データセクションが、日本国内及び日本語で書き込まれたすべてのツイートデータの再販権を国内で唯一持つNTTデータと連携することにより、より優れたソーシャルメディア分析ソリューションを展開し、企業におけるツイートデータの活用を支援します。

■連携の背景

Twitter全件データを分析できるニーズは多くあったのですが、少ないデータの分析では高価すぎ、導入できる企業が少ない現状の課題がございました。そこで、少ないデータでも安価に全件データを分析できるソリューションを開発いたしました。

■各社の役割

<データセクションの役割>

ソーシャルメディア総合ソリューションの提供:
・ブログ、Twitter、掲示板、webニュース等メディアを包括的に分析するツールの提供
Twitterデータに関しては、全件データをポジティブネガティブ分析できる機能、時系列データを表示する機能、係り受けランキング分析ができる機能、1日あたり10万件までダウンロードできる機能を提供いたします。(1日10万件までのTwitterデータであれば、データをダウンロードし自社内活用することも可能です。)
・コンサルティングサービスの提供

【利用可能になるデータの種類】

日本国内及び日本語ツイートデータの全量を対象として下記のデータのご提供が可能です。
・サンプル抽出(10万件まで)
・任意のキーワードによるフィルタリング
・リアルタイムデータ
・過去データの抽出

上記のデータを基にデータセクションの分析技術・ノウハウを用いて下記のようなソリューションが実現します。
・マーケットリサーチ
・商品開発
・風評検知
・自社リサーチシステムの構築
・ソーシャルデータを組み込んだCRMシステム
・ソーシャルデータを組み込んだBI/BAシステム

本連携によって、インターネット上の大量のツイートデータとクライアント企業のビジネスに必要な情報を直接組み合わせたより深い分析が可能となり、自社のビジネスに活用する事が可能となります。

<NTTデータの役割>

米 Twitter社が提供するAPI「Firehose」を通じて取得・蓄積した、日本語のツイートデータおよび日本国内で書き込まれたすべてのツイートデータからデータを提供します。

■株式会社NTTデータ ソーシャルビジネス推進室 尾崎 哲夫様コメント

この度、Twitterデータ利用の促進のためソーシャルメディア分析で実績があるデータセクション様と連携をいたしました。今後、ツイートデータ提供サービスの販売代理や、新しい分析ソリューションの提供などを含めた連携を継続的に検討していきたいと考えております。

■今後の展開

今回の連携で実現した全件ツイートデータは、データセクションのソーシャルメディア分析ツールInsight Intelligence(http://www.datasection.co.jp/service/insight-intelligence)内のオプションソースとして搭載されます。本プランでは中堅・中小企業・ソーシャル上での言及が少ない企業においても全件データを基にしたソーシャル分析ソリューションを活用頂けますよう月額2万円からサービスを利用できるプランを用意しております。各プランの詳細は下記を参照ください。
※ハイエンドの上位プランも準備しております。各プランの内容や価格の詳細についてはお気軽にお問合せ下さい

■提供メニュー

【プラン】

<10%サンプリングデータプラン>
・概要
Twitter全データの10%をサンプリングし、キーワードを自由に検索することができます。様々なブランドを検索したい企業様にお勧めのプランです。

<Twitter全件データ定点観測プラン>
・概要
自社(ブランド)についてのツイートを過去13か月分の全件データを分析することが可能なプランです。1年間を通じた推移をもれなく閲覧したい企業様向けのプランです。

<Twitter全件データリスクモニタリングプラン>
・概要
全件データから特定キーワードを抽出しリアルタイムにアラートをあげることが可能です。リスクモニタリング、リスクアラートを行いたいお客様向けのプランです。

【価格】

<10%サンプリングデータプラン>
初期費用:5万円
月額費用:2万円

<Twitter全件データ定点観測プラン>
・キーワード固定モード  ハイエンドプラン
初期上限記事数:6,000,000、20,000,000
月間上限記事数:6,000,000
上限キーワード:10
初期費用:20.7万円、57.5万円
月額費用:20.7万円

・キーワード固定モード  ミドルプラン
初期上限記事数:1,500,000、6,000,000
月間上限記事数:1,500,000
上限キーワード:10
初期費用:11.5万円、28.75万円
月額費用:11.5万円

・キーワード固定モード  ライトプラン
初期上限記事数:300,000、3,000,000
月間上限記事数:300,000
上限キーワード:10
初期費用:6.9万円、17.25万円
月額費用:6.9万円

・キーワード固定モード  スモールプラン
初期上限記事数:1,000,000
月間上限記事数:30,000
上限キーワード:5
初期費用:10万円
月額費用:2万円
※ハイエンドの上位プランも準備しております。各プランの内容や価格の詳細についてはお気軽にお問合せ下さい

<Twitter全件データリスクモニタリングプラン>
・スタンダードプラン
月間上限記事数:300,000
設定ワード数 :10
初期費用:9.2万円
月額費用:9.2万円

・ライトプラン
月間上限記事数:30,000
設定ワード数:10
初期費用:7.5万円(仮)
月額費用:7.5万円(仮)
※上記プランは、ご契約後からのデータをチェックできるプランとなっております。過去データはチェック、分析ができません。

■会社概要

社名:データセクション株式会社
URL:http://www.datasection.co.jp/
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-17-2 太陽生命渋谷ビル7階
代表:代表取締役社長 澤 博史
設立:2000年7月11日
資本金:170,217,000円(資本準備金含む)
事業内容:ソーシャルメディア事業
-ソーシャルメディア分析ツールの提供
-ソーシャルメディアコンサルティング
データクロール代行サービス事業
システムインテグレーション事業
セミナー、執筆事業